効果的な1 on 1 とは  離職率低減 エンゲージメント向上の第一歩

効果的な1 on 1 とは  離職率低減 エンゲージメント向上の第一歩

こんにちは。山澤ともです。

エンゲージメント向上が企業の生産性向上と結びつくと言われています。そのためには部下とのコミュニケーション、とりわけ 1 on 1 の重要度が高まっています。

では効果的な1 on 1とはどういったものでしょうか。

残念ながら、部下の目標や仕事の進捗状況などを聞くといったことは効果的な1 on 1 とは言えません。それは仕事の進捗の共有となります。日々人材育成に関わる中で、この部分を勘違いしている管理職の方が多くいらっしゃるので「もったいない!」と感じています。とくに個人としての能力が高い管理職の方に多い傾向です。

言い換えると、名選手が必ずしも名監督ではないということです。

1 on 1 で重要なことは、もっと奥の部分、部下が仕事にどういった気持ちで取り組んでいるのか、目標達成時に本人はどういった気持ちになりたいのかそういったコアの部分を把握することです。

もちろん一朝一夕にはいきません。日頃から信頼関係を築く必要があります。ではどうすれば良いのか。ポイントは2つあります。

・業務アサイン時にその仕事の詳細だけでなく会社のどの部分に繋がるのか

・なぜその業務をアサインするのか

時間がかかりますし、まどろっこしいと感じる方もいらっしゃると思います。

しかし!ここが分かれ道です!

日頃から信頼関係を築くには、こういった配慮が必須となります。

単なる歯車として扱うのではなく、人として扱うということ。

最近の若者はこの部分を大切にする価値観を持っていると言われています。「お金は最低限あればよい、大事なのは誰と仕事をするか、何をやり遂げられるのか」といった。あなたは管理職として部下から「一緒に仕事をしたい」と思われているでしょうか。この視点を持ってみるだけでもかなり景色が違って見えると思います。

実はTYCのセッションでも、こういったリーダーシップ論についてよく質問を受けます。人材育成の観点からさまざまな理論やアプローチ方法がありますが、弊社のセッションではクライアントに最適なもの、用い方を提案し喜んでいただいています。直近では効果的な1 on 1 の手法をお伝えし離職回避に至った事例があります。

【お知らせ】Gallup社ストレングスファインダーの読み込み体験セッション期間限定募集します。(2022年2月4日から2022年3月31日まで)こちらからどうぞ。34資質出されることをお勧めします。

Category :
by