組織の強み(コア・コンピタンス)を向上させるには

組織の強み(コア・コンピタンス)を向上させるには

こんにちは。山澤ともです。

コア・コンピタンスとは、企業が持つ技術や特色のこと。例えば、「複数の市場や商品にアプローチする力」「顧客に満足感を与える力」「他社から模倣されない力」が挙げられます。組織の強みです。

コア・コンピタンスを強くするには、さまざまなアプローチがありますが、個人の能力を最大限引き出し、発揮してもらうことはその基礎の基礎といっていいでしょう。

そのためには、データ活用をお勧めします。ストレングス・ファインダーなりMBTIなりを活用し、経営者の主観だけでなくデータを活用すること。能力発揮の確率を格段に高めることができます。データ活用のメリットはそれだけではありません。データは、客観性がありますので納得性が高いこと、また共有が容易と言う面もあります。主観だと納得してもらいにくいですがデータは客観性があるので受け入れられやすいのです。

ぜひ活用してみてください。興味のある方はコンタクトくださいね。

写真は「人こそ全て」の考え方が詰まった本。最近また読み返しています。

1兆ドルコーチ エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ他著

Category :
by