夏季休暇の過ごし方。インプットとアウトプットをバランスよく。ABD:Active Book Dialogue初参加

夏季休暇の過ごし方。インプットとアウトプットをバランスよく。ABD:Active Book Dialogue初参加
こんにちは。山澤ともです。本当に暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。私は現在夏季休暇中です。半分過ぎたところ。
子どもたちと過ごす一方、自身のスキルアップのために夏季休暇中に設定した課題に楽しく取り組んでいます。
主に次のような内容です。
  1. カラダのメンテナンス:筋トレやウォーキング、ランニング、ヨガ練習
  2. 学び:書籍3~4冊を夏の課題図書に。オンライン&オフライン勉強会参加、ファイナンシャルセッションを受ける
  3. 仕事:コーチングセッションのご提供
  4. お楽しみ:オンラインにて無料ヨガイベントの実施・教養のために好きな本を読む今回は林真理子さんの「白蓮れんれん」(世間を騒然とさせた柳原白蓮と宮崎龍介、二人の恋愛について史実に忠実に基づいて書かれた小説)素晴らしかった!プライベートで好きな作家さんです。話が長くなるので興味のある方は個別に聞いてくださいね^^;

 本日の学び:コーチングプレイスのメンバーによる「ABD:Active Book Dialogue」に初参加

今回は一冊の本を10名で読み進めました。結論から言うと個別の発表があるのでインプットとアウトプットのバランスがとても良く、効率よく深く学べる手法だと思います。具体的には、本は事前に読む必要はなく、ファシリテーターより割り当てられた部分を読み込んでまとめ、2分間で発表してゆくというもの。全員発表後に、気になった部分や気づき、問いを共有します。自分では思いつかないような他の方の問いや気づきがとても勉強になりました。

 ABD:Active Book Dialogueの良いところ3点

一人で読んでいても本から得られる気づきはありますが、ABDの良いところは次の3点だと思います。

  1. 全て読まなくとも他の人の担当パートの発表を聞くことで内容が入ってくるところ
  2. 個別発表があるのでインプットと同時にアウトプットができるところ
  3. また他の人の担当パート発表を聞くことで他者視点の問いや気づきという自分に無い視点を得られるところ

扱った本も私が今一番興味のある本でしたのでとてもタイムリーでした。帯も含めてご紹介しますね。

新・コーチングが人を活かす」(鈴木義幸著)
”日本のコーチングは、この本から始まった”
今日すぐ使える! 1冊ですべてわかる!! 最良の入門書
累計20万部ロングセラーの図解・改訂版

コーチとして活動しているなら必読と手に取った一冊。鈴木義幸さんのご著書は何冊も持っているし多くの気づきを頂いていますが、ロングセラーの改訂版となればよりクライアントに役立つ情報があると思い、手を伸ばさずにはいられなかったというのが本当のところ。

ところで最近本当に思うのですが、オンラインでの学びの可能性は本当に無限大ですね。興味を持つテーマについて、今いる場所にとらわれずに良質な内容・講師のもと学べる。素晴らしいことだと思います。
主宰してくださったチサさん、さちさん、ありがとうございます(^^)
 ■山澤とものエグゼクティブコーチングメニューはこちら。お申込みはこちら