自宅起業・おうちサロンの良いところって?私が起業を選んだ理由。子どもたちとの〇〇

自宅起業・おうちサロンの良いところって?私が起業を選んだ理由。子どもたちとの〇〇

こんにちは。山澤ともです。

自宅起業・おうちサロンの良いところ、私が起業を選んだ理由について書いてみたいと思います。

それはずばり、

『家族との時間』

です。

フルタイムでのお仕事はどうしても我が家の場合3人の子どもたちにしわ寄せが行ってしまいます。朝は早く出て、夜は遅い生活。さらに私たち一家は核家族なため、子どもたちの急な発熱、病気に対応できるのは私か夫しかいません。子どもが3人いれば病気になる可能性は単純に3倍になります。また誰かが病気になると順番にみんなかかってしまう、なんてことも子どもたちが小さいときはザラにあり、大人もかかってしまうことも多々ありました💦こういった場合、その都度職場に迷惑をかけることになってしまうことも、私としては避けたかったことでした。そんな中、専業主婦10年を経て社会復帰に選んだ仕事は、大学教授の事務補佐。今の秘書のお仕事です。これまでの役員秘書の経歴と語学(英語)を活かせる上、勤務時間もお昼をはさみますが短時間だったのが決め手でした。そうして社会復帰した私を待っていたのは、浦島太郎感💦10年間専業主婦をしていたので社会の変化、PCの使い方、同僚との会話にさえに驚いたのでした。そして、ふと目にした東京のビジネス塾で学ぶことにしたのでした。ビジネス塾で学ぶうち、知ったのが起業だったのです。

起業をすれば自分が雇用主。つまり「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ著)に出てくるSelf Employmentになり、勤務時間、場所、仕事の内容、お客さま、誰と一緒に仕事をするか、まですべて選べるというところに大変力を感じました。とくに惹かれたのは勤務時間。当時大学での勤務は一日の勤務時間こそ短時間でしたが、週5日間の勤務でした。今だから話せるのですが…、当時長男は週5日の学童に息がつまりそうになっていました。学童や学校でお友達とトラブルを起こしたり、行きたくないと言ったり。。。先生やお友達、親御さんに何度謝ったことか…。けれど預けないわけにはいかないので、なだめては出勤する日々。けれどそのとき初めて知った起業という形なら学童に行く日をゼロまたは少しでも減らせるのではないか、と思ったのです。

もちろん起業後紆余曲折ありましたし、まだまだこれからです。けれど、起業してよかったと思っています。家族、とくにお子さんが小さいうちは一緒にいたい、子どもとの時間も大事にしたい、とお思いなら自宅起業おうちサロンは最適だと断言できます。

こんな私でよかったら、一人でお悩みの方の力になりたいと思っています。ほんのちょっぴりですが前を歩いているのでなんでも聞いてほしいと思ってコンサルやコーチングを行っています!

どこから始めてよいか分からない方、どんなことができるのかモヤモヤしている方にお試しコーチングセッションをご用意しましたのでこの機会に受けて頂ければと思っております!

詳しくはこちらです。

【お試し『自宅起業・おうちサロンコーチングセッション』のお知らせ✐】NEW!

■内容 : 50分/回×3回セッション(コーチングは継続的な関わりが有効と言われているので3回で1セットとしています^^)

■方法 : オンラインにてスカイプまたは宇都宮市内のカフェ(宇都宮市ゆいの杜周辺までお出でいただける方。その場合出張費500円頂戴いたします。)

■価格 : お試し価格:3回セッションで1万円(お振込にてお願いいたします。振込手数料はご負担願います。)

■お受けいただける方: 自宅起業・おうちサロンをされていらっしゃる方、または将来おうちサロンをご検討中の方。(アロマサロン、ネイルサロン、ケーキサロンなど)また、ご感想を当ブログにて掲載させていただける方かつお申込みから3か月以内で終了出来る方。(なお自動的にお申込みから3か月で終了とさせて頂きます。ご了承くださいませ。)

■人数 : 2018年10月末までにお申込みの先着3名さま

■お問い合わせ: 問い合わせフォームこちらからどうぞ。Facebookでお友達になってくださっている方はMessengerからも受付いたします。お気軽にメッセージくださいませ。

※なお、コーチングスクール修了の11月からは内容や価格の改定を予定しております。山澤とものコーチングセッションを体験してみたい方はぜひこの機会にどうぞ^^

📷起業するとどこででもお仕事ができます。家族と旅行中でもクライアントさんとMessengerでやりとりしたり、ブログを書いたり。生活の中に仕事があり、暮らすように仕事する、それが自宅起業・おうちサロンの良いところでもあります。今回は時間について書いたのですが他にもこんな風に良いところはたくさんあります^^機会を見てつづりたいと思います。

 

 

 

 

Category :
by