人間関係で落ち込んだときのヒント。

人間関係で落ち込んだときのヒント。

おはようございます。山澤ともです。

人間関係で落ち込むこと、ありますか?

実は先日、びっくりするくらいのショックを受けたことがあって。

ある一件であまりにもやもやして何だろうと思い、信頼出来る方に相談したら「それは嫉妬からくる意地悪だよ。」と教えていただいて。。。
もう驚きました。。。

ありがたいことに普段は信頼に満ちた人間関係に居るのでたまに、こんな事例に遭遇するととても驚き、消耗し、落ち込んでしまいます。。。

ストレングスファインダ―で共感性と調和性が高い自分(つまり、できるだけ出会った人みんなと仲良くなりたいし私で良ければお役に立ちたいと思うタイプ。「個別化」をお持ちの方にはありえない、と言われることも。。。)には大打撃。。。

以前の私ならどーんと落ち込んで長い時間ひたすら苦しかった。。。
けれど、今は違います。
7つの習慣」・「人間関係をしなやかにするたったひとつのルールはじめての選択理論」・「集中力」を知ったから。(「7つの習慣」にはその内容を体感できるボードゲームもあります。)
衝撃は受けますが長引かせることはありません。

こんなときにすることはただ一つ!
影響の輪と関心の輪をイメージして、影響の輪を大きくすることに集中するだけ。
つまりは私が大切に思いお互いに信頼関係にある方たちをもっと大切に扱うということ。

落ち込むんじゃなくて、自分がやるべきことに集中します。
「落ち込んでる暇はない!」と気合!
落ち込む時間も前向きに頑張る時間も同じように時間は流れます。それなら良い時間を過ごしたいですよね。

今日も良い一日になりますように!