TED,エミー・マランスのスピーチ。「長所は誰もが持っている。」に共感。

TED,エミー・マランスのスピーチ。「長所は誰もが持っている。」に共感。

強みってどこにあるの?

私の強みってどこにあるんですか?

以前は私もそう思っていました。他人に聞けばすぐに出る答えなのかと。実際、聞いたこともあります。でも他人に聞いても答えてもらえないものなのです。実際、答えてもらえませんでした(汗)。なぜなら強みとは「自分で気づくものだから。」そして私は、強みとは「誰もがすでに持っているもの」だと信じています。

エミー・マランス(Aimee Mullins)をご存知ですか。義足のランナーとして1996年 アトランタ・パラリンピックに女子100M走、走り幅跳びに出場。その後モデル、女優として活躍されています。最近TEDで彼女のスピーチを見て、彼女の二つの言葉に感銘を受けました。一つは、「ハンディは克服するものではない、プラスに増幅するもの」。この「障害は克服するものではない」という視点は私にとって全く新しいものでした。彼女の場合は、脚が「無い」状態です。この「無い」空間に様々な芸術的な「脚」を存在させて彼女の魅力をプラスに増幅させているのです。例えばチーターのような脚をつくり、モデル撮影された写真があります。芸術的です。(実際登壇した彼女はとても美しく自身に満ち溢れ輝いていました。)発想が素晴らしいですよね。

二つ目は「誰もが持っている素晴らしい長所や偉大な欠陥をほめたたえる必要がある」聞いたときに考え方が同じだ!と思ったのです。これを「強み」と関連するとすでにある(彼女の場合は「無い」という状態が「ある」ということ)ものをどのように活かすか、と同じだと思ったのです。すでにみんな持っているのです。強みを。個人セッションではこの考えで進めています。強みに気付くのはご自身ですが対話を重ねることでご自身の強みに気付いていただけるよう全力でサポートしています。

☆TEDについて
TEDは英語学習に最適です。各分野の一流の方のスピーチなので内容はもちろん、スピーチ内のどの部分で聴衆がウケているかも注意してみると日本と違うと感じることがあり文化の違いを知るきっかけになります (o^^o)字幕は英語と日本語が選べるのもGood!

写真は大好きな海。朝と夕方で海の色が変わります。潮風や波音に癒されたいときに行きます(o^^o)

Category :
by