子育て。子どもが3人いても三者三様❗️マザーズコーチングの学び『人格を認める』ってこういうこと。違いを認める♫

子育て。子どもが3人いても三者三様❗️マザーズコーチングの学び『人格を認める』ってこういうこと。違いを認める♫

おはようございます!
女性のキャリアとビジネスを応援❤︎強みコンサルタント山澤ともです。

末っ子長女の保育園の発表会に行ってきました。出し物は劇『ありときりぎりす』と楽器演奏です。何日も前から練習をがんばってきた娘。無事に終えていま、ほっとしています。
感動、より安堵、でした!

実は本番までには、『練習ばっかりやだー』と行って登園したがらなかったり、帰宅後疲れが出たのか『なんにもしたくなーい!』などいろいろあったから。
年中さんはいろいろとややこしい年齢だと先生から伺っていましたが上のお兄ちゃん2人とはあきらかに違う反応に、ママも戸惑っていました。女の子のほうが複雑、男の子はわりとシンプル、というのが我が家の子育ての印象。

なので当日楽しそうな元気な姿が見られてほっとしました。感動というより、安堵した発表会は初めてでした❗️子どもが3人いてもほんとうに三者三様です。

ときに余裕がなくて夕方の慌ただしい時間に娘の『なんにもしたくなーい』が出てイライラすることもありました。ママだって余裕のないときはイライラします!そんなときは別室で深呼吸したりしてその場を離れたり、音楽を掛けて気分転換したり、一旦その悪い雰囲気をストップ!しています。

マザーズコーチングで学んだ「子どもの人格を認める」ことはこんな風に違いを認めるということでもあるんだなぁと思います。イライラとうまく付き合いながら、大きな心で見守ってあげたいと思います。ママも成長しなきゃですね!

Category :
by